プロミスの人気の理由を調べてみたら分かった良さ

銀行と消費者金融の違い

銀行と消費者金融の違い

キャッシングやカードローンと言うと、消費者金融を思い浮かべる人が多いですが、今は銀行も積極的に同様のサービスを行っています。手軽に利用できそうな消費者金融か、安心して利用できそうな銀行か、どちらを利用すべきかは難しく感じるかもしれません。

 

消費者金融の特徴は、審査が通りやすく、融通が利きやすい点です。審査については一般的に消費者金融が通りやすく、銀行は厳しめという傾向があります。また、消費者金融は24時間受付可能であったり、対応している店舗や提携ATMが多いので、使い勝手はいいと言えます。

 

一方銀行の場合は、利用のしやすさでは消費者金融に劣りますが、金利が低めに設定されている所が多いのが特徴です。消費者金融では最高金利が18.0%が多いですが、銀行のカードローンなら最高金利で15%よりも低い所もたくさんあります。

 

金利が低ければそれだけ返済すべき金額も少なく、お得に利用できます。その代り、金利が低い分だけ審査も厳しくなる傾向にあります。

 

実際に自分がどちらを利用した方がいいのかについてですが、使い勝手や借りやすさを重視するなら消費者金融、金利の低さを重視したいなら銀行を選ぶのが良いでしょう。

 

銀行の審査が厳しいとは言っても、過去に返済事故を起こしたりしていなくて、ある程度勤続年数がある会社に勤めているならそれ程審査は心配いりません。

 

銀行にも様々なものがある

銀行の中には目的が決まるローンと、フリーとなるカードローンがあります。便利なのは言うまでも無くフリーのカードローンですので、消費者金融と同じように便利に使えるオリックス銀行カードローンで借りるキャッシングサービスにも注目です。