カードローンやキャッシングに関して、日々書き連ねていきたいと思います

カードローンまとめてみたブログ

カードローン

アリバイ会社名で偽った情報にて申し込みした後は?

投稿日:

アリバイ会社名を記載してカードローンの申し込みをしても審査には通るのかな?と考慮するケースもあります。

ウェブサイトから手軽にカードローンの申し込みはできるため、他の方と会わず自宅のパソコンやスマホ・携帯電話を利用して手続きができるので、簡単に申し込みができ、審査もスムーズに通ると思っている方も多いです。

アリバイ会社も多々ありますし、信用を置けるようなサイトの作りになっていたり、やはり利用している方だろうと思って、簡単に依頼してしまうこともあるでしょう。

ですが、アリバイ会社へ依頼して虚偽会社名や収入証明書・給与証明書など情報を作ると、やはり消費者金融会社や金融機関などには審査の時点で全てわかるので、かなり厳しい結果になります。お客様から頂いた情報を元に信用情報と照らし合せて審査を行います。

すぐにデーターをチェックすればわかる情報なので、虚偽の情報だと分かればブラックリストとして残ります。他の金融機関を利用して申し込みをした場合も情報が残っているので、結果的に厳しいことになります。

職業柄、カードローンの申し込みが難しい方など、アリバイ会社を利用して申し込みをしたいと考えるかもしれませんが、在籍確認の時点で厳しい結果になることがあります。カードローンの審査する方はプロですし、虚偽情報だなと感じた場合はすぐに見破ることができます。

よって甘くみてアリバイ会社を利用してカードローンの申し込みを行うと後で大変な結果になるため、きちんと正しい情報を提供することが大切なことへとつながります。

申し込みの際には、勤務先名・勤務年数・年収・電話番号・生年月日など詳しい内容を記載することになります。カードローン会社によっては、在籍確認の電話の代わりに社員証・名刺・就労証明書・在職証明書・雇用証明書・会社の保険証や給与証明書など、この中からいくつか提出が必要になります。

偽ったものをアリバイ会社へ依頼して作成してもらうと、詐欺罪になるためやってはいけないことですし、後々罰せられることになります。

軽い気持ちでカードローンの申し込みを行い、後で後悔することになるため、アリバイ会社を利用してカードローンの申し込みを行ったらどうなるか、自分自身で理解した上できちんと正しい情報を記載して、必要な書類は準備した上で落ち着いてミスがないように申し込みを行うことが大切になります。そうすることでカードローンの発行がスムーズにできます。

-カードローン

Copyright© カードローンまとめてみたブログ , 2018 All Rights Reserved.