プロミスの特徴は早さと手軽さ

プロミスは借りるまでの手続きの素早さと手軽さが優れており、急にお金が必要になったとしても、プロミスなら最短即日で現金を借りられるようになっています。

申し込みをしてから審査の結果連絡までが最短30分であり、平日の14時までにWebでの契約を完了させると、その日のうちに契約機まで行かずにお金が借りられるのです。

お金を借りたいけど来店をするのが嫌だ、誰かに見られてしまうのではないかと心配に思う方は、安心と信頼で内緒の借り入れにも適するプロミス週末対応即日融資を使ってみましょう。

キャッシングで対応できるケースとは

一般的な消費者金融のイメージは、年々良い方向にシフトしています。今では、利便性の高いサービスとして一般世間に広く浸透しているため、ご利用を考える人は多いでしょう。

消費者金融のサービスならばキャッシングが典型的ですが、様々なケースでご利用が可能です。たとえばどの様なケースが想定されるでしょうか。

生活費を補填する目的で、サービスを利用する人は多いです。給料日前はどうしても、生活費が足りなくなるケースが増えてしまいます。それをカバーする目的で、サービスのご利用を考える人が、比較的多いでしょう。

また、趣味や娯楽に費やす資金を、確保する目的の人も多いでしょう。この様なケースでは、決して生活に困っているわけではありません。むしろ、生活に余裕がある人がご利用になっていると、考えられるでしょう。この様なご利用の仕方は、お金をおろす感覚と似ているのかもしれません。

上記2つの例の実現では、借り入れサービスの実行性が高いことが重要でしょう。キャッシングでは、利便性を高める機能がいくつも用意されているため、これらのケースに対応可能なのです。

たとえば、即日融資はスピードを高めるのに一役買っている機能です。スピードを求める方であれば、キャッシングを選んで間違いないでしょう。

就職内定者はキャッシング申込み出来るのか

キャッシングの申込みをする為には、安定した収入がある事が条件になります。安定した収入であれば、正社員でなくてもアルバイトやパートでの申込みが可能な所が大半ですが、就職内定者の場合はどうなるのでしょうか。

就職が内定しているという事は、勤務先もいずれ収入が貰える事も決まっている為、申込みは出来るのではないかと考える人もいますが、就職が内定しているだけでは申込みをする事が出来ません。

就職内定者には未来はあるかもしれませんが、申込みの時点では収入が無い事に変わりなく、勤務年数に関してもゼロという最低の数値ですよね。まだ安定した収入を得られるかどうかは分からないという時点では申込みをする事が出来ないのです。

しかし就職内定者だと申込み出来ないというわけではなく、就職内定者であってもアルバイト等で安定した収入があるのであれば申込みをする事が可能です。その際には就職の内定先は審査対象にはなりませんが、アルバイトの収入や勤務年数等で審査をする事になります。

アルバイト勤務としての申込みとして借入が出来た場合、その後就職先に勤務し安定収入を貰えるようになれば再度審査をしてもらう事も可能です。その場合収入のアップ等によって増額の申込みが出来る可能性も高いので、限度額に満足出来ない時には再び審査を申し込んでみましょう。

安定収入が必要となる場合が多い

キャッシングはプロミスに限らず、安定した収入が必要となる場合が多いです。銀行の一部なら配偶者の安定収入で本人は無収入の専業主婦でも利用出来る場合がありますが、プロミスを含む消費者金融の場合には収入が必要なのです。

ただ、アルバイトでも良いので定期的な収入があれば、プロミスよりも低い金利となるオリックス銀行ローンでの審査に通る可能性も出てきます。